印鑑は何か提示された書類などに対して、確認して同意しますなどの意味を込めて押すものとされています。そんな印鑑ですが、この印鑑にも大きく分けて3種類の印鑑が存在するのです。印鑑を持っている方の中には、それぞれの印鑑の役割を知らない方も多いと聞きます。3種類の印鑑の中でも特に重要な役割を担っているのは、実印と呼ばれる印鑑です。実印はお届け物にサインをする際に押す印鑑などとは違い、日常的に使われるものかと言われれば、そうではありません。使用用途としては主に、車の取引や、住宅の購入など大きな出来事の際に必要になってくるでしょう。このことからも分かるように実印というのは、とても重要なものだと分かります。

銀行印次に重要な印鑑として挙げられるのは銀行印です。銀行印はその名前の通り、銀行で口座開設などをする際に必要になってきます。また、保険の契約時にも使われるため、実印ともども盗難には特に気を付ける必要があるとも言われています。最後に比較的日常的に使われる印鑑として認印が挙げられるでしょう。認印は上記でも紹介したように、荷物受け取りのサインなどでも使用します。こちらは日常的に使われるとは言いましたが、認印を押す際にも安易に押してしまわないようにしなければなりません。仕事をするようになった際に、まとめてこの3つの印鑑を購入する方もすくなくありません。印鑑を購入する方法には店での購入の他にも通販でも買えるようになっているので、チェックしてみてはいかがでしょうか。